必見!プライバシーの侵害が起こらないようにするには

プライバシーを守るには日々の対策が重要

近年、個人のプライバシーが侵害される事件が多発しています。酷い場合は、生活に支障が出たり、金銭的な被害が生じることもあります。そのため、自分のプライバシーには常に細心の注意をはらっておく必要があります。プライバシーの問題が生じやすいのは、会社などの多くの人が集まる場所です。そういう場所で活動をしている人は、特にプライバシーを守る方法を知って、日々実践することが大切です。プライバシーを守る方法はいくつもあります。

プライベートの情報端末に注意

会社のオフィスでは、様々な情報端末を利用します。情報端末には仕事で使うものとプライベートで使うものがあります。仕事中はプライベートの情報端末に対する警戒がついつい薄くなってしまう人が多いです。例えば、デスクの上に無造作にスマートフォンを置いておく人がいます。その場合、誰かに持ち去られてしまう可能性があります。スマートフォンなどの個人の情報端末は鍵のかかったロッカーに入れるか、肌身離さず持っておくことが重要です。

ロックと口頭による伝達が基本!

仕事上のやりとりでプライバシーの問題が生じることも珍しくはありません。例えば、会社は社員の個人情報を把握する必要があります。そのため、社員はメールで会社に個人情報を伝えたり、会社の自分のPCに個人情報を保存しておいたりします。それらを行うにあたり、注意が足りなけれ、個人情報が流出してしまう可能性があるのです。それを防ぐための基本は、情報端末やファイルにはロックをかけるということです。また、出来るだけ情報の伝達は口頭で行うとよいです。

機密文書を処分する場合には専門の業者を利用すれば、情報漏えいなども起こさずに安全に処理が可能になっています。