慌てないで対処しよう!トイレの水詰まりの対処法3選

自然に流れる場合も!まずは様子を見よう

トイレの詰まりは、そのままあふれてきそうでパニックになったりしますよね。でも慌てないでください。原因のほとんどは紙の詰まりによるものが多く、紙の詰まりの場合水に紙が溶け出してしばらく放置していると自然に流れていく場合があります。まずは落ち着いて、詰まりの原因は固形物ではないかを確認後、紙の詰まりのようならそのまま1時間以上放置し、再度バケツにためた水などで流してみましょう。この時、トイレのタンクのハンドルを回して流すのは避けましょう。意外とあっさり何事もなかったかのように流れる可能性もありますよ。

放置しても流れないなら!吸引カップを使用しよう

しばらく放置してみて流しても流れなかった場合、吸引カップで何度か押してみると良いでしょう。使い方はコツがあって、水がある状態の中でしっかり吸引カップの先を便器の穴にずれない様にグーッとゆっくり押し付けて、引き上げるときに一気に力をいれます。汚水が飛び散る事もあるので、ポリ袋などをかぶせて作業したほうが良いですよ。またエプロンなども忘れずに。真空状態が大切なので吸引カップの先が便器の穴にしっかりと密着フィットしていることがポイントになります。

吸引カップよりも威力大!真空式パイプクリーナー

吸引カップで何度も試してみてもなかなか流れない。そんな時には真空式パイプクリーナーを試してみると流れるかもしれませんよ。便器にぴったりフィットするかが大事なので、まずは自分のトイレのサイズに合うかを確かめる必要があります。使い方は吸引カップと同じように、カップの部分をトイレの穴にしっかり密着させてぐっと押し付けます。そのあと、ハンドル部分を力いっぱい引っ張ります。吸引カップよりも威力があるので詰まりが解消される可能性大です。

トイレ詰まりは配管に異物が詰まった状態を指しますが、素人作業で強引に取り除こうとすると便器や配管を壊してしまうことがあります。そのため、専門業者に処理を依頼するのが最も賢明な対処法になります。