目視検査は不要!ハンディーターミナルを使えば間違いなし!

売るための商品には在庫が必要!

商品の品切れを起こさないためには在庫をたっぷり作っておきます。工場で大量生産された商品は倉庫に送られ在庫管理されるというのが一般的な流れでしょう。私たちが普段買い求めている日用品などはまさに倉庫で保管されていた在庫が店の発注を受けて棚に並んだ状態と言えるでしょう。生ものは鮮度が勝負ですから在庫管理は出来ません。しかし冷凍食品などなら非常食として在庫を作ることが出来ます。あらゆる商品において在庫があり、その在庫を管理してるのが倉庫なのです。

誰でも簡単に出来る作業?

「簡単なピッキング作業」という説明でよく募集されているのが物流倉庫での仕事です。ピッキング作業だけで成り立っている訳ではありませんが、誰にでも簡単に出来る仕事なので多くの物流倉庫で募集がかかっているのです。簡単な仕事といっても初心者と何十年も従事しているベテラン作業員とでは品質の差はあります。早く正確にピッキング出来るようになるには慣れも必要です。作業自体は簡単ですがスピードと品質が求められる仕事と言えるでしょう。

ハンディーターミナルは画期的!

ハンディーターミナルという機械では商品についているコードと棚や注文書にあるコードとを照合することが出来ます。人の目で検査する方法では目視検品しかありませんが、この機械を使えば間違いなく、しかも簡単に照合することが出来ます。正しいロケーションから出庫したつもりなのに上段や下段の商品を抜いたり、隣の棚の商品をピッキングしてしまう人為ミスはどうしても起こります。ハンディーターミナルで照合をかければ目をつぶっていても間違えることはありません。何とも画期的な機械だと言えます。

物流は、食品や原材料などを、工場から販売市場、店舗などを運ぶことで、トラックや貨物列車などを使用するもので、動かす方がいることで、とても大事な仕事なのです。